岐阜県 岐阜市 美容皮膚科・皮膚科・小児皮膚科の神谷ひふ科
 

しみの治療はまず、しみの診断を行うことから始まります。しみは紫外線の影響によるメラニン産生の亢進や加齢に伴う皮膚の新陳代謝の乱れによって出現してしまうものですが、実はいくつもの種類があるからです。またしみと思っていても先天的なアザだったり、中にはごく稀にほくろのがんの初期であることもあります。初期診断は非常に重要で、それにより治療選択が異なります。

シミの種類

肝斑(かんばん)

肝斑とは女性ホルモンの影響で発生するシミです。目の回りやほお骨の上、額やエラの上に左右対称にできるのが特徴のシミです。シミの原因としてホルモンがありますが、肝斑は女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)のバランスが崩れることが原因と考えられています。そのためか、肝斑は妊娠しているときに比較的多く見られます。治療はトランサミンの内服とハイドロキノン軟膏の外用が基本です。イオン導入を組み合わせると更に効果的です。

老人性色素斑

老人性色素斑とは、肌の老化により褐色で円形のシミが次第に濃くなっていくものです。紫外線がよく当たる顔の上の部分や手の甲、腕などによく見られます。老人性色素斑によるシミは紫外線によりメラニン細胞が異常を起こすことが原因と言われています。老人性とは言っても早い人は20代後半から発生するシミです。Qスイッチレーザーによる、レーザー治療を行いますが一回の治療で取れないこともあります。また肝斑と重なっているときは肝斑の治療を優先します。

炎症による色素沈着

炎症による色素沈着もシミの原因となります。例えば、ニキビ痕はニキビを潰したことにより黒く残るものです。ニキビ以外にも傷、虫さされなどを掻きむしることで黒く変色することがあります。これら色素沈着によるシミは、肌に刺激を与えることで肌が異常を見知して防衛反応によりメラニン細胞を発生させることが原因と考えられています。レーザー治療やハイドロキノン軟膏で治療します。

そばかす

そばかすとは、小さな茶色い斑点が細かく現れる症状を言います。この斑点が雀の卵の斑点に似ていることから雀卵斑とも呼ばれます。そばかすは遺伝による影響が強いと言われ、年齢が高くなるに従って目立たなくなります。 レーザーフェイシャル照射をお勧めします。

美容皮膚科 価格表をPDFで表示する