岐阜県 岐阜市 美容皮膚科・皮膚科・小児皮膚科の神谷ひふ科

保険診療

 

岐阜県岐阜市:皮膚科のことなら神谷ひふ科にお任せください。皮膚科専門医が常駐しておりますので、アトピー性皮膚炎、アレルギー、乾癬、水虫など様々な症状に対応できます。

皮膚でお悩みの方は是非お気軽に神谷ひふ科にお問い合わせください。

 

湿疹・皮膚炎アトピー性皮膚炎、かぶれ、手あれ、フケ、じんましん、乾燥肌、口内炎、脂漏性皮膚炎
皮膚感染症水虫、いぼ、水イボ、とびひ、ヘルペス、帯状疱疹、尋常性ざそう
(ニキビ)
外傷やけど、擦り傷、虫さされ
皮膚腫瘍ほくろ、できもの
アザ太田母斑、扁平母斑、血管腫

アトピー性皮膚炎

当院のアトピー性皮膚炎の治療は、必要に応じて抗アレルギー薬の内服や特に重症な方の場合、ステロイドの内服を併用することもあります(ステロイドの内服は短期間、期間を限って行います。)

また外用薬については適切な強さのステロイド外用剤を使用し徐々に炎症をコントロールしていきます。当院で使用する具体的な外用薬は、ステロイド軟膏、プロトピック軟膏、白色ワセリン、アズノール軟膏、ヒルドイドなどの保湿クリームなどで、日本皮膚科学会が認めたアトピー性皮膚炎のスタンダードな治療に従ったものです。

ときどき、患者様から「ステロイドは使いたくない、ステロイドを使わないで治療して欲しい」と要望されることがあります。患者様の要望に沿ってあげたいのですが必要があればステロイド軟膏を短期間使用します。もちろん必要がなければ、あるいはなくなれば使用を中止します。

ステロイド軟膏は皮膚の炎症を抑えるには大変優れた薬剤であると考えています。
皮膚の炎症をステロイド軟膏で軽快させた後、プロトピック軟膏や保湿クリームで良い状態を維持しようという方針です。

心配なこと、わからないことがあれば医師にご相談ください。

イボ

より美しい、より短期間のイボ治療

イボにはウイルス感染によるものと、加齢変化(老化現象)によるものがあります。ウイルス性のイボ(尋常性疣贅)はヒト乳頭腫ウイルスの感染症で、いわゆる水イボ(別記)とは症状も治療法も異なります。

ウイルス性のイボは手のひら、足の裏、指先、爪の周り、顔、頭などによくできます。治療は液体窒素による凍結療法を行います。これは液体窒素(約-170℃)を綿棒に含ませて、患部に軽く押し当てて、人工的に凍傷をおこさせる治療法です。1~2週に1回行いますが、足の裏や爪のまわりのイボは非常に治りにくいので、治癒までには相当日数がかかります。繰り返し行うことによって徐々に病変を取り除いていきます。治療自体も痛みを伴いますが、治療後もしばらく患部は赤くなり痛みを伴います。水疱(みずぶくれ)や血疱(ちまめ)ができることがあります。大きくて痛みが強い場合は内容液をぬくと痛みは軽減します。自分で処置ができない場合は遠慮なく当院を受診してください。

また、感染をおこすと患部が赤く腫れあがります。この場合は早急に受診してください。

 ニキビ

にきび跡の瘢痕化を防ぐために

ニキビとは毛穴の中のニキビ菌などによる細菌感染症であると考えている方が多いようですが、決してそうではありません。皮脂の分泌が過剰になると同時に、皮脂の出口である毛穴の部分が角化(硬くなる)することにより、皮脂が毛穴のなかにつまってしまった状態からおこります。そして、つまった毛穴の中で、ニキビ菌などが繁殖して炎症を起こします。

皮脂の過剰分泌、毛穴の角化異常は思春期には、誰でも起きうることですが、ホルモンの影響やストレス、紫外線、いろいろな皮膚への刺激(化粧、乾燥、髪の毛などの接触、擦れ、皮脂分解産物など)がニキビの増悪因子として作用します。ニキビの治療にはこれらの増悪因子を回避したり、生活習慣を改善することが重要ですが、それだけではなかなかニキビをよくすることはできません。

内服治療

テトラサイクリン系のミノマイシン、ニューマクロライド系のクラリシッド、ビタミンB2,B6の内服を症状に応じて処方します。これらは、生理前などの限られた時期だけ内服するのも有効です。

ミノマイシンの内服では非常に頻度は少ないもののめまいなどを感じる方がいらっしゃいます。

外用治療

ダラシンTゲル、アクアチムクリーム、ローション、ディフェリンゲルなどを症状、肌の状態に応じて処方しています。

水イボ

痛みの少ない治療を心がけて

水イボは水イボウイルスが皮膚の細胞の中で増殖して発症します。丸くて小さな光ったイボです。つぶすと白いかたまりが出てきて、この中にウイルスが含まれているので、これを除去することが最も手っ取り早い治療です。ウイルス性の疾患なので、肌と肌の接触によってうつりますが、タオルなどを介しても感染します。

1年経過では95%近くが自然治癒しますが、自家接種があるために完全消失には3年以上を費やすこともあります。さらにアトピー性皮膚炎などで皮膚のバリア機能が低下していると水イボに感染しやすく、また広がりやすい傾向があります。当院の水イボの治療は原則として、専用のピンセットを使って一つ一つの水イボを摘除しています。

チクチクした痛みが繰り返されるので、お子さんにとっては結構苦痛な治療になります。水イボは自然に治ることもあるので、積極的に治療するのか、治療しないのかは意見が分かれます。お子さん自身では決められないので、保護者の方に治療法を決定していただきます。

とびひ

安全で安心できる最新の医療

とびひは、あせもや虫刺され、擦り傷などに細菌(多くは黄色ぶどう球菌か溶血性連鎖球菌)が感染し、水ぶくれやびらんを生じたものです。病変部はむずがゆいためにかきむしり、手に細菌が付着します。その手で別のところをかくと、そこに爪によって傷ができて新しい病変ができ、次々に化膿した病変が火の粉が飛ぶように広がってゆくことから、この病名がついています。

自分自身で病変を増やしてしまうだけでなく、兄弟やお友達にも細菌のついた手を介して感染が広がってゆきます。とびひは肌が露出して、虫刺されやあせもなどができやすい夏に多く発します。元々の病変をきちんと早めに治療することと、皮膚や手を清潔にし、爪も短くしておくことが治療上も予防的観点からも大切なことです。治療は抗生物質の内服と抗生物質軟膏または抗生物質含有ステロイド軟膏の外用が基本です。場合によってはかゆみを抑える飲み薬や浸出液をおさえる亜鉛華軟膏が組み合わされることもあります。消毒液は、浸出液に触れると殺菌作用がなくなること、皮膚の細胞にも毒性に働くこと、さらに、接触性皮膚炎(かぶれ)の原因になる可能性などから使用しないほうがいいとされてきています。

皮膚を清潔に保ち、菌が増殖しにくい環境を整えるために、患部はこすらない程度に泡立てた石鹸でやさしく洗い流すようにします。浴槽につかることも問題ありませんが、シャワー浴のほうが適しています。

あせも

身体に優しく安心なものを

あせもは汗の管がふやけたり,汚れでつまることによって,汗の排出が妨げられることが原因でできます。汗の腺がつまった状態でたくさん汗をかくと,汗の管が破裂し,汗が周囲の組織に漏れ出して炎症を起こし,赤くなって痒みを生じます。幼小児期は哺乳後,泣いた後,睡眠前後で汗をかきやすく,あせもがひどくなりやすい傾向があります。夏はクーラーを使用するのも一つの方法です。また冬場でも不必要な厚着によって,あせもがみられます。どの程度,汗をかいているか,直接さわって確かめてあげましょう。吸湿性のよい木綿の肌着なら,汗が容易に蒸発して,あせもの予防になります。当院ではアセモ水を処方しております。炎症がひどい時には弱めのステロイド外用剤を、化膿している時には抗生剤入り外用剤を処方します。

あざ

 

安全で皮膚にやさしく

色調の異常を生じるあざには、その色調によって、茶あざ、青あざ、赤あざ等があります。

茶あざ

扁平母斑が正式な名称です。うす茶色で平坦です。欧米ではカフェオレ斑と呼ばれています。生まれつき存在することも多いのですが、思春期になってから発生するタイプもあります。これはべッカー母斑と呼ばれ、肩や胸、あるいは腹部や臀部の片側にできて、剛毛が生えるのが特徴です。
茶色い色調はメラニン色素のせいです。皮膚のやや浅めのところに色素が存在します。しかし毛根にそって深いところにも色素が存在するため、それが再発の原因になることが多いようです。

青あざ

黄色人種に特にもっともなじみのあるあざです。できる時期や場所によっていくつかの種類に分けられます。青い色の正体は黒あざと同じメラニン色素です。ただ色素の存在が、皮膚のやや深めのところに限られているために青く見えるのです。蒙古斑もこの仲間ですが、ほとんどは自然に治ってしまいます。問題になるのは顔にできる太田母斑や、蒙古斑でも腕などに生じて大人になっても治らない異所性蒙古斑です。レーザー照射が著効しますが色素が深いため数回の治療が必要になります。

赤あざ

赤あざは、血管腫とも言い、皮膚の血管が異常に増えた事によるあざを指します。
赤あざは生まれつき出来ている場合や、生後しばらくしてから見られるものが多く、表面が平らなタイプと隆起してくるタイプのものがあります。
赤あざの種類には ウンナ母斑、サーモン・パッチ、単純性血管腫、イチゴ状血管腫、海綿状血管腫、母斑症などの種類があります。 いくつかの種類の赤あざには、レーザー治療が効果的です。

Vヒ_ームク_ラフ